副業ランキングで話題のFXに挑戦

私たちは、たまに高額なお金を受け取った時に関する質問をされる事があります。例えば「1,000万あったら何をしますか」などの質問ですね。もちろん100万円を受け取ったら、何に使いますかという質問もあるでしょう。何とも夢のある質問です。
ところで私がそのような大きなお金を受け取った時には、まず間違いなくFXに使います。なぜならその商品では、資金をさらに大きく増やせる可能性があるからです。
ただし私が1,000万円をFXに用いる時には、いわゆる投機的な売買を行う事は無いでしょう。もっと地道かつコツコツした方法で、資産を増やそうと考えています。
まずレバレッジの倍数は、あまり高くしたくないと思っているのです。投機的の売買は、確かに短期間で資金を増やせる可能性はあります。その半面、短期間で資金が大きく減ってしまう可能性もありますね。インターネットでFXに関する情報サイトを見てみると、短期間で資金が激減してしまったという話をしばしば見かけます。この金融商品は、そのような事が起こり得る可能性もあるのですね。リスクには本当に気をつけた方が良いでしょう。
そして仮に1,000万を受け取ったとしても、投機的な売買でそれが全て吹き飛んでしまう可能性もあるのです。それを考えると、私はちょっと短期的な売買は敬遠したいですね。
それよりもむしろ倍数を抑えて、外貨預金のようなやり方で売買をすると思います。金利などを目的に売買するのも、悪くありませんね。
また金利目的などでなくても、いわゆるナンピンを用いたやり方で売買をするのも悪くないと思っています。ただリスクだけは限定しなければなりませんので、やはり前述の倍数などはかなり抑えることになると思いますね。
そしてナンピンで売買を行っていけば、恐らく順調に資金は増えてくれるでしょう。私の計算では、どれだけ少なくとも1年間に20%くらいの利益が発生すると踏んでいます。
このようにFXは、多額のお金の使い道になり得る訳ですね。とても優秀な金融商品だと考えます。

続きを読む≫ 2015/07/07 13:05:07

FXの情報サイトでは、たまにトレーダーの方々がとても興味深い内容を書き込んでいる事があります。今後の大局観に関して書き込まれている事もありますので、情報サイトなどにはよく目を通しておく方が良いでしょう。
私が興味を持っているのが、ドル建ての豪ドルですね。豪ドルは、案外と大きく動く通貨です。それでいて金利なども比較的高めな通貨なのですね。そして上記のサイトにて、あるトレーダーの方がその外貨に関して興味深いことをおっしゃっていたのです。今後は下落をしていくのではないかという話なのですね。
ドル建てで見てみると、そのオーストラリアの外貨は現在調整局面に突入しているようです。というのもその方は、テクニカルなツールを色々と用いて分析をしているのですね。それで明らかに下げの状況になっているので、今後はオーストラリアの外貨は大きく値を下げていくと考えていらっしゃるようです。
ちなみにその方の分析は、いわゆる長期的展望によるものです。デイトレでのスタイルではなく、いわゆるスイングトレードによる分析と考えて良いでしょう。
そしてその分析は、私にとって関係あります。実は私が売買を行っているのは、オーストラリアの外貨ではありません。キウイという、ニュージーランドの外貨を用いて売買をしているのですね。
そしてニュージーランドは、もちろんオーストラリアのすぐ隣にある国です。オーストラリアの値動きには大きく左右される国なのですから、上記のような下落トレンドの話は私には大いに関係あるでしょう。
私は上記の方の話を参考に、ちょっと警戒感を強めているところです。私は主に買い玉を用いて売買を行っているだけに、上記の話は他人事ではないのですね。有名なトレーダーの方がそのように話している位ですから、今後は私のFXの建玉がマイナスに転じる可能性も大いにあります。
それで現在私は、保有している建玉に関して色々シミュレーションをしているところです。たとえ下落が発生しても問題無いように、色々と頭をひねっているのですね。
このように情報サイトで有名なトレーダーの方の書き込みを見てみると、自分のFXの売買に関するヒントを得られるケースがしばしばある訳です。

続きを読む≫ 2015/07/07 13:05:07

ここ最近のFXは、ちょっと重要局面に差しかかっていると考えられます。というのも、ある経済の重要人物の方が盛んに外貨に関して言及しているからです。
ちょっと先週の話なのですが、その重要人物の方が為替相場に関する発言をしました。その結果、外貨の金額は大きく下がったのですね。
その方の話を要約すれば、ちょっと最近は過熱感があるとの事だったのです。だいぶ円安が進行してきたのですが、これ以上それが加速するかどうかは疑問という話だったのですね。つまり今後は円高になるのではないかと示唆している訳です。
そしてその方は、経済の重要人物です。重要な方がそのような発言をすれば、もちろん外貨の金額に対しても大きな影響が及びます。それで先週は、ちょっと週末に円高になっていたのですね。特に米ドルなどは、その傾向が顕著だったと思います。
ところで1つ興味深いのが、その重要人物の特徴です。実は上記の重要人物は、為替相場に対しては滅多に言及しない方なのですね。普段は金融関連に関する色々な発言をしてはいるのですが、円安などという証言をする事も滅多にありません。
そして先週は、その方が珍しく為替相場に対して言及しました。それが余りにもインパクトがあったので、FXで大きな値動きが発生していたのですね。先週に買いの玉を保有していた方々は、ちょっと大変だったのではないでしょうか。円安に期待して買い玉を持つ訳ですから、もちろん円高になってしまえば大きな損失が発生するからです。
そして上記の話のポイントは、めったに為替相場に関して発言をしない方が、先週は発言をしていた事です。わざわざその相場に関して言及している位なのですから、現在のFXの相場はちょっと重要局面にさしかかっているのではないでしょうか。そうでなければ、やはり上記の重要人物は、そのような発言をしないと思います。
重要局面になっている以上、FXで売買を行っている方々は、向こう数ヶ月ほどは外貨の動きをよく注視する方が良いかもしれませんね。

続きを読む≫ 2015/07/07 13:05:07