副業ランキングで話題のFXに挑戦

追加入金を重ねてリーマンショック後の難局を乗り越えた副業FXトレーダー

最近ある副業FXトレーダーの方が、なかなか面白いことをおしゃっていました。追加入金によって、危機を回避してきたやり方です。
というのもあるトレーダーの方が、ある時にユーロの買い玉を保有したようなのですね。それもかなり高いタイミングで、それを保有してしまったようです。
そのFXのトレーダーの方は、よりによってリーマンショックが発生する前のタイミングで、買い玉を保有してしまいました。もちろんそのタイミングで保有したとあっては、かなり大きな含み損が発生してしまうでしょう。それで多くの方は、底を打つ前に損切りの注文を敢行する事が多いですね。
ところがそのトレーダーの方は、損切りをしなかったようなのです。それどころか、最近までその建玉を保有し続けていたようですね。ほぼ数年間に渡って、その玉を持っていた訳です。
もちろんそのトレーダーの方に対しては、大きな含み損が発生してしまいました。危うくロスカットになりそうな事態も、何度かあったようです。
ではそのトレーダーの方がどのようにしてその危機を回避したかと申しますと、それが前述の追加入金だったのですね。ロスカットになりそうになった時に、とにかく追加で入金をしていきました。それで何度か綱渡り状態になったものの、結局リーマンショック後の低迷の時期を乗り越えることができていたようです。
それにしてもあの数年間にわたって、追加入金でしのぐことができたのもすごい話ですね。そのようなやり方もある訳です。
上記のやり方はとてもシンプルであり、個人的には理に適っているとも思います。ただそのやり方は1つデメリットがあって、かなり多くの資金が必要になるのです。あのリーマンショック後の強烈な下落を乗り越えなければなりませんので、必要資金も相当なものになるでしょう。
ですので十分な資金がある方にとっては、上記のやり方はおすすめです。しかしそうでない方は、ちょっと上記のFXのやり方は敬遠した方が良いかもしれませんね。ただ知識として覚えておくに越した事は無いと思います。
参考:副業ランキング1位のFX!たったの100円で始められるという話

 

 

資産を守るためにFXで入金をする時にはネット利用がおすすめ

 

FXは、リスクを回避する事が大切です。一歩間違うと資産が大きく減ってしまう可能性があるので、それを避ける為の対策などはとても大切です。
ところでこの金融商品には、入金の方法が2つあります。一般的な銀行振り込みで入金をする方法と、ネット媒体を用いての入金です。上記のようなリスク回避を考えるのであれば、基本的には後者の方法を利用すると良いでしょう。
まず前者の方法の場合は、その手続きは非常にシンプルです。いわゆる銀行に設置されているATM機器を用いて、振り込み手続きを行うだけだからです。お馴染みの方法ですね。
それに対して後者の方法は、多少の手間はかかります。色々なパスワードなどを用いて入金処理を行う事になるので、パスワード入力などの手間は必要になるでしょう。
しかし前者の方法に比べれば、スピードは圧倒的に速いのです。前者の方法は数時間ほどかかる事もありますが、ネットによる入金の場合は即時反映になるからです。
また時間帯に関するデメリットもありません。通常の方法は銀行の営業時間などに左右されますが、ネットを用いる方法は銀行の営業時間は無関係だからです。24時間いつでも入金をする事ができます。
そしてFXでは、追加で入金をして口座のロスカットを回避する方法があるのです。いわゆる口座維持率を高める為に、入金をする方法ですね。
そしてそれは、スピードが求められる事が多々あります。1日でも遅れてしまいますと、ロスカットが発動されてしまうケースも珍しくありません。もちろんそれだけは避けたいでしょう。
そして通常の入金方法でそれを避けようとしても、間に合わなくなってしまう事があります。銀行の営業時間外ですと、翌営業日などになってしまうからです。しかしネットを用いる入金方法の場合は速やかに反映される訳ですから、ロスカットを回避できる確率も高くなります。
ですのでFXの口座に追加で入金をしたいと思うのであれば、基本的にはネットを用いるのがおすすめです。

 

 

ランドを用いたFXのデイトレ売買と手数料に関する注意点

 

南アフリカランドの外貨は、金利の高さを目的に買われている傾向があります。他の外貨に比べればその数字が圧倒的に高めなので、それに面白味を感じてランドの買い玉を持っている方々も多いでしょう。
実際確かに、その外貨の金利はかなり高めです。現時点では、ある業者におけるその金利は10円になります。ちなみにそれは1万枚あたりの金額です。米ドルなどの場合は1日あたり2円近くになっている状況なのですから、それに比べれば圧倒的に高いことは明白ですね。
ですのでその外貨は主にFXの長期売買で用いられる事が多いのですが、デイトレで用いられる事もたまにあります。実はその外貨は、意外とよく動くのですね。
というのもその外貨は、1日あたり0.15円くらい動く事があります。一見するとその値動きはかなり小さいように見えますが、それはあくまでも枚数が少ないからです。10枚ほど保有すると、1.5円分の値動きに相当するのですね。1.5円という動きは、デイトレとしてもかなり大きな数字と言えるでしょう。ですのでランドは、デイトレで用いられる事も意外と多いのです。ランドで売り玉を持っている方々も、案外多く見られますね。
ただランドでデイトレを行うのであれば、業者はよく選ぶ方が良いでしょう。というのもこの外貨の場合は、業者による手数料の差がかなり大きいのです。
米ドルなどの手数料は、そろそろ競争が行き詰まりになりつつあります。各会社とも手数料を極限まで安くしている状況なので、米ドルの場合は業者選びはそれほど大切ではないと個人的には思います。
しかしランドの場合は、金融会社によってかなり大きな手数料格差があるのですね。手数料がリーズナブルな会社であれば2銭程度の手数料になる事もあるのですが、金融会社によっては20銭位の手数料になっている事もあります。その差がかなり大きくなりますので、デイトレでランドでの売買を行いたいと思うのであれば、やはり業者を慎重に選ぶ方が良いでしょう。

FXは、先物と比較される事があります。先物というのは、いわゆる穀物や貴金属などを指します。
それらの先物の価格は、常に動いているのですね。その動きを用いて売買を行うのですが、それは前述の外貨の商品とそっくりです。FXも、やはり動きを用いて売買を行う事になるからです。
そして、その2つの商品は非常に似ているのですね。例えば、どちらも簡単に空売りをする事ができます。外貨の商品の場合は金融会社のシステムを用いて、簡単に売りから入ることができますね。それと全く同じシステムが、先物にもあるのです。
またその取引のためのシステムも、かなりよく似ています。どちらもスマホで売買をする事ができますし、そのシステムの操作方法などもかなり似ている一面があるのです。
ですので先物と外貨の商品は色々と共通点も多いのですが、その逆に色々な違いもあります。その主な違いの1つとして、時間帯が挙げられます。
基本的に先物の商品の場合は、朝から深夜まで売買をする事が可能です。中には、夜中の1時や2時くらいでも売買をする事ができる先物もあるのです。ですが、さすがに夜中の3時や明け方の4時や5時などのタイミングで売買をする事ができません。その時間帯は、金融会社のシステムがクローズしているからです。
ところがFXの場合は、基本的には24時間体制になっています。常時売買をする事ができるので、売買可能な時間帯の広さという意味では、先物よりはメリットが大きいとの意見も根強いです。
またその外貨の商品には、初期金額に関する特長もあります。先物の場合は、ある程度まとまった資金が必要になるのですね。商品によっては数十万円ほど必要な事もありますし、中には100万円以上の資金が必要な商品もあるのです。ところがFXの場合、もっと少ない金額で始める事が可能なのですね。極端な話ですが、500円程度で売買をする事もできるのです。ですので少ない金額で気軽に売買ができるという意味では、その外貨の商品の方が先物よりはメリットが大きいでしょう。

続きを読む≫ 2015/07/15 09:17:15

FXという商品は、人々にとっては非常に身近な存在です。
外貨に関わる商品と聞くと、一見かなり特殊な業界のように思われるかもしれません。経済や外貨などは、自分とは余り関係ないと思っている方々も案外多いのですね。
確かにその商品での売買を行っていないと、ある意味特殊な業界のように見える一面はあります。実際私もその商品での売買を始める前は、そのように思っていました。経済のニュースなど、自分とは余り関係ないと思い込んでいたのですね。まして外貨の動きなどは、さらに縁遠い話だと思っていました。
しかし実際は、そうではなかったのですね。この商品で何度か売買を行ってみて気が付いたのですが、意外なものが外貨な動きに関割っていることが分かったからです。
例えば穀物です。スーパーやコンビニなどに行きますと、よく納豆を見かけるでしょう。またトウモロコシや小豆や小麦など、様々な穀物が並べられていますね。それと米やアルミニウムなども同様です。アルミニウムなどは、私たちにとってはとても身近な存在だと思いますね。
それらの物流の動きなどは、実は外貨とは大きな関係があるのです。例えばお店で小豆が1つ売れたとします。それは先物の金額に対して、わずかな影響を及ぼすのですね。小豆の売上高などは、先物価格を動かす事があるのです。もちろん収穫高なども、先物価格などに大きく関わります。またトウモロコシや小麦なども同様です。
つまりそれらの身近な食物などの売上高は、先物価格に対して影響を及ぼしますので、それが外貨の動きにも影響を及ぼすのですね。先物のニュースによって、外貨の動きが変動するケースはよくあります。小豆が1つ売れたくらいで先物の価格が大変動する事がありませんが、それでも小さな影響力はあるのですね。
つまり私たちの身近な物品は、FXの動きとは大きな関係がある訳です。ですのでこの金融商品は、ある意味で私たちにとっては非常に身近な商品と言えるでしょう。

続きを読む≫ 2015/07/15 09:17:15

私たちは、たまに高額なお金を受け取った時に関する質問をされる事があります。例えば「1,000万あったら何をしますか」などの質問ですね。もちろん100万円を受け取ったら、何に使いますかという質問もあるでしょう。何とも夢のある質問です。
ところで私がそのような大きなお金を受け取った時には、まず間違いなくFXに使います。なぜならその商品では、資金をさらに大きく増やせる可能性があるからです。
ただし私が1,000万円をFXに用いる時には、いわゆる投機的な売買を行う事は無いでしょう。もっと地道かつコツコツした方法で、資産を増やそうと考えています。
まずレバレッジの倍数は、あまり高くしたくないと思っているのです。投機的の売買は、確かに短期間で資金を増やせる可能性はあります。その半面、短期間で資金が大きく減ってしまう可能性もありますね。インターネットでFXに関する情報サイトを見てみると、短期間で資金が激減してしまったという話をしばしば見かけます。この金融商品は、そのような事が起こり得る可能性もあるのですね。リスクには本当に気をつけた方が良いでしょう。
そして仮に1,000万を受け取ったとしても、投機的な売買でそれが全て吹き飛んでしまう可能性もあるのです。それを考えると、私はちょっと短期的な売買は敬遠したいですね。
それよりもむしろ倍数を抑えて、外貨預金のようなやり方で売買をすると思います。金利などを目的に売買するのも、悪くありませんね。
また金利目的などでなくても、いわゆるナンピンを用いたやり方で売買をするのも悪くないと思っています。ただリスクだけは限定しなければなりませんので、やはり前述の倍数などはかなり抑えることになると思いますね。
そしてナンピンで売買を行っていけば、恐らく順調に資金は増えてくれるでしょう。私の計算では、どれだけ少なくとも1年間に20%くらいの利益が発生すると踏んでいます。
このようにFXは、多額のお金の使い道になり得る訳ですね。とても優秀な金融商品だと考えます。

続きを読む≫ 2015/07/07 13:05:07

FXの情報サイトでは、たまにトレーダーの方々がとても興味深い内容を書き込んでいる事があります。今後の大局観に関して書き込まれている事もありますので、情報サイトなどにはよく目を通しておく方が良いでしょう。
私が興味を持っているのが、ドル建ての豪ドルですね。豪ドルは、案外と大きく動く通貨です。それでいて金利なども比較的高めな通貨なのですね。そして上記のサイトにて、あるトレーダーの方がその外貨に関して興味深いことをおっしゃっていたのです。今後は下落をしていくのではないかという話なのですね。
ドル建てで見てみると、そのオーストラリアの外貨は現在調整局面に突入しているようです。というのもその方は、テクニカルなツールを色々と用いて分析をしているのですね。それで明らかに下げの状況になっているので、今後はオーストラリアの外貨は大きく値を下げていくと考えていらっしゃるようです。
ちなみにその方の分析は、いわゆる長期的展望によるものです。デイトレでのスタイルではなく、いわゆるスイングトレードによる分析と考えて良いでしょう。
そしてその分析は、私にとって関係あります。実は私が売買を行っているのは、オーストラリアの外貨ではありません。キウイという、ニュージーランドの外貨を用いて売買をしているのですね。
そしてニュージーランドは、もちろんオーストラリアのすぐ隣にある国です。オーストラリアの値動きには大きく左右される国なのですから、上記のような下落トレンドの話は私には大いに関係あるでしょう。
私は上記の方の話を参考に、ちょっと警戒感を強めているところです。私は主に買い玉を用いて売買を行っているだけに、上記の話は他人事ではないのですね。有名なトレーダーの方がそのように話している位ですから、今後は私のFXの建玉がマイナスに転じる可能性も大いにあります。
それで現在私は、保有している建玉に関して色々シミュレーションをしているところです。たとえ下落が発生しても問題無いように、色々と頭をひねっているのですね。
このように情報サイトで有名なトレーダーの方の書き込みを見てみると、自分のFXの売買に関するヒントを得られるケースがしばしばある訳です。

続きを読む≫ 2015/07/07 13:05:07

ここ最近のFXは、ちょっと重要局面に差しかかっていると考えられます。というのも、ある経済の重要人物の方が盛んに外貨に関して言及しているからです。
ちょっと先週の話なのですが、その重要人物の方が為替相場に関する発言をしました。その結果、外貨の金額は大きく下がったのですね。
その方の話を要約すれば、ちょっと最近は過熱感があるとの事だったのです。だいぶ円安が進行してきたのですが、これ以上それが加速するかどうかは疑問という話だったのですね。つまり今後は円高になるのではないかと示唆している訳です。
そしてその方は、経済の重要人物です。重要な方がそのような発言をすれば、もちろん外貨の金額に対しても大きな影響が及びます。それで先週は、ちょっと週末に円高になっていたのですね。特に米ドルなどは、その傾向が顕著だったと思います。
ところで1つ興味深いのが、その重要人物の特徴です。実は上記の重要人物は、為替相場に対しては滅多に言及しない方なのですね。普段は金融関連に関する色々な発言をしてはいるのですが、円安などという証言をする事も滅多にありません。
そして先週は、その方が珍しく為替相場に対して言及しました。それが余りにもインパクトがあったので、FXで大きな値動きが発生していたのですね。先週に買いの玉を保有していた方々は、ちょっと大変だったのではないでしょうか。円安に期待して買い玉を持つ訳ですから、もちろん円高になってしまえば大きな損失が発生するからです。
そして上記の話のポイントは、めったに為替相場に関して発言をしない方が、先週は発言をしていた事です。わざわざその相場に関して言及している位なのですから、現在のFXの相場はちょっと重要局面にさしかかっているのではないでしょうか。そうでなければ、やはり上記の重要人物は、そのような発言をしないと思います。
重要局面になっている以上、FXで売買を行っている方々は、向こう数ヶ月ほどは外貨の動きをよく注視する方が良いかもしれませんね。

続きを読む≫ 2015/07/07 13:05:07